#

PrintSPEC印字不良&OCR同時検査システム

「PrintSPEC」(プリントスペック)は、高精度の印字不良検査と、OCR文字読み取り・バーコートQRコードの読み取り機能を同時に処理する次世代型「印字検査&読み取りシステム」です。
PrintSPECは、印字検査では、誤字、文字かけ、かすれ・ズレ・ボケ・汚れや縮小・拡大、横伸びや縮み、傾斜・線太・ドット抜けやドット乱れなどを検知して良否判定します。
読み取り(OCR)認識では、アルファベット・数字とバーコード、2次元バーコードやQRコードに対応します。

#

PrintSPEC NC200名刺印刷検査装置

PrintSPEC NC200は、名刺の印刷不良を検出する自動検査システムです。 コンパクトな名刺専用マシンに名刺をセット、自動フィーダが名刺を1枚づつ送り出し、高精細200万画素カメラが、微細な印刷不良(インク飛び、汚れ、文字の擦れ、色抜け、誤字など)を検出して、排出します。 良品名刺は枚数カウントされ、既定の枚数で自動停止します。 

#

PrintSPEC Z1-OCR帳票OCRシステム

PrintSPEC Z1-OCRソフトウエアは、紙媒体の帳票をドキュメントスキャナーで高速読み込みし、スキャナーからの画像データから英数文字を読取り(OCR)、そして、顧客マスターなどの分類データと照合して、必要な集計帳票を作成するシステムです。 読み取る帳票の連番抜けの有る無しも同時に判定します。

#

刻印文字読取りシステム

不鮮明なガスボンベ缶の刻印文字(製造年月)を読取り、分別する「インライン・刻印文字自動読取り&分別システム」です。 毎分120個の速度で単列コンベヤを流れてくるガスボンベ缶の日付刻印(製品製造日)を間欠送りして、刻印位置を回転制御し、そして、読み取り結果により、(指定した)期間内=良品は下流へ流し、期間外は「NG排出」、読み取り不可の缶は「不確定」として分別する機械を含むインライン画像処理システムです。